MENU

メリットとデメリットを考える

目次

N高等学校への進学の決め手

N高等学校への進学の決め手となったのは、やはり課外授業という充実したコンテンツが多いことでした。

本人がこれからやりたいこと。
これを考えた時に、普通高校への進学が正しい選択なのかと。
正しい選択というのは、何を基準にするかによると思うのですが、最終的に何を基準にN高等学校への進学を決めたのか書いていきますね。

N高等学校へ進学するメリットを考える。

まずは、メリット。
N高等学校を選ぶことで、息子にどんなメリットがあるのか。

第1には、息子がやりたいと思ってることができる。
それが動画編集だったり、プログラミングだったり。

これまでも小学校5年生くらいから、子どもプログラミングのワークショップとかに参加をしていました。
子どもプログラミングといえば、代表的なものにスクラッチがあります。
これはパソコンやタブレットがあれば無料でできるんですよね!
他にもLEGOマインドストームのロボットプログラミングだったり。

今でこそ、プログラミング教室やオンラインの教室があったりと豊富ですが、当時はほとんどなく、無料のワークショップが年に2~3回あるくらいでした。しかも同じ先生が開催してたりするものだから、顔なじみになったりして。

そんなことがきっかけで、プログラミングに興味を持つようになったのですが、続けていくというところまでは、なかなか難しいですね。そんな中でMinecraft(マインクラフト)というゲームが好きだったこともあって、 Minecraftのプログラミングに興味を持たないかな~と思いながら、中学1年生の冬に、 Minecraftができるノートパソコンを購入しました。結果、興味はほぼ持たなかったのですが、パソコンを使うようになりました。

そして中学2年生の頃からNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)でオンラインゲームをするようになり、最初の方は、転校する前の学校の友達とやっていたのですが、途中からオンライン上の友達、いわゆるネッ友とするようになります。

そして、「Youtubeにゲーム実況動画を投稿したい」と言い出します。
そこからまた、機材をそろえ、アプリケーションをそろえ、無事にYoutubeデビューします。

そうなると、動画編集の技術が乏しいことに気付きます。
それでも何とか無料の動画編集ソフトを使って頑張っていました。

でも、N高等学校へ入学すれば、プロが使うAdobeCCが在学中は無料で使うことができる。
しかも、動画編集の課外授業も受講できる!
これ、全日制の高校では絶対にありえないことです!

さらに、ビジネスツール(google、slack、zoomなど)を使って、やりとりをする。
これを日常的に使っている。
というか、これが使えないとN高等学校ではやっていけない。
社会においても、このツールを使いこなせない人は取り残されてしまうと言っても過言ではない世の中になってきています。

必要以上に、先生や他の生徒と関わることがない。
これはデメリットにもなりうるんですが、息子にとってはこれがメリットなんです。

自分のペースで授業を進めることができる。
自己管理ができない人は難しいかもしれないですが、家族からの呼びかけで徐々にできるようになると思っています。

デメリットも考える

体力不足になる。
これはまだ解消法が見つかってませんが、早朝ランニングなどに取り組んだりしないといけないかな、と思ってます。

リアルでのコミュニケーション不足。
でもこれは本当に必要だろうかとも思う。

必要です。これは絶対に必要なんですが、これまで小学校6年間、中学校3年間、ちゃんと学校に行ってました。
高校生活においても、どこかのタイミングでバイトをさせようとも思っています。
あえて、まだこれ以上に必要だろうかと思うのです。

オンラインゲームでの友人とのやりとりや、他のN高生とのslackでのやりとりでも、顔色は見えなくても声色や文面で、十分コミュニケーションが取れている。と思うんです。
むしろ、こちらの方がコミュニケーション能力が必要になってくる気さえします。

実は、オンラインゲームでのネッ友(ネット上の友人)とのやりとりは、いつもリビングルームでやっています。
家が狭いというのもあるのですが、そのやり取りが聞こえていても、誰も口を挟まないんです。
でも口を挟まないのは内容に対してであって、普通に「今日は誰と遊んでるの?」って聞きます。
リアルであろうとネットであろうと、区別はしません。

そうなってくると、ネッ友もそれを良しとする人しか集まってこなくなります。
むしろその方がお互い安心するみたいです。今では、私も一緒に会話をしたりします。
リアルであろうとネットであろうと対応は基本的に同じです。

我が家は基本的に、法律を犯さない、人を傷つけない限り、オンラインゲームにしてもYoutube投稿にしても「ダメ」と言わないので、隠れてコソコソしないんですね。

最終的には「息子がやりたいこと」で決める

最終的にはやはり、息子がやりたいことができる、N高等学校を選んだのです。
これだけのコンテンツがすべて学費に含まれていることにも驚きました。
部活やワークショップもネットならではのものが多く、投資部や起業部も魅力的。
するかしないかは別ですが、選択肢にあるというのが良い。

入学して1ヶ月。
毎日楽しそうで何より。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる