MENU

オンラインでの個別相談

目次

まずは資料請求しましょう

N高等学校のホームページから、 資料を請求しましょう。募集要項、学校案内、コース案内、提出資料などが同封されています。これらの資料に目を通しておいて、聞きたいことをまとめておくと良いと思います。そして手元に資料を準備して個別相談を受けましょう。資料があることで話がスムーズに進みます。

オンライン個別相談の申し込み

そして、N高等学校のホームページから、オンライン個別相談を申し込みます。
もちろん電話でもメールでも相談できますが、 zoomに慣れるためにも、オンラインをおすすめします。今後もzoomを使って、三者面談など行っていくので、ぜひ挑戦してみてください。

zoom ← リンクから、サインアップ(新規利用者登録)してから、アプリをダウンロードして使います。「zoom 使い方」などで検索すると、たくさん紹介されていますよ。

zoomで面談

事前にzoomのアドレスがメールで送られてきます。
zoom という、オンライン会議ができるアプリを使って、ビデオ通話する感じです!
スマホでもできますが、やはり画面が大きいパソコンがあるといいです!

ノートパソコンだとカメラがついているのですが、デスクトップパソコンだとカメラがついていない場合があるので、その場合はスマホやiPadで十分かなって思います。

一番近いスクーリング会場の担当の方との面談でした。パソコンから親子で参加しました。相談した内容は、申し込み手順、スクーリング、学習の進め方、部活、使用するアプリケーションなど。不安なことも相談に乗っていただきました。体力的なことや、自己コントロールできるかなども。

申し込み手順については、募集要項にも書いているのですが、早期特典(課外授業の受講)を受けたかったので、web出願の期限、学校作成書類の提出期限、そして、実際に入学することが決まった場合の、その後の流れや期限などを聞きました。

スクーリングについては、コロナ禍での対応等聞きました。スクーリングに参加できない場合や、体調管理についても、色々と詳しく説明していただきました。

とにかく、何でも聞いてください。そのためには、募集要項や学校案内をよくよく読んで、疑問に思ったページに付箋を貼ったりして準備しておいてください。でもその後また疑問に思うことがあれば、電話やメールで聞けるので安心です。

にしても、新型コロナウィルスのおかげで、オンライン化が進み、自宅にいても面談ができるって、本当に便利だな〜って感じました。

普通科プレミアムコース

息子はネットコースの普通科プレミアムが希望でした。普通科プレミアムでは2021年4月からのコースで、Oculus Quest 2というVRを使った授業が受講できます。普通科スタンダードと比べると、授業料が高いですが、ここは外せませんでした。

個別相談で、「VRで酔って気分が悪くなる方もいるということで、家電販売店で試用してみてください。」とのことだったので、試用できるところを探したのですが、近くになかったんです。そこで、100均でスマホ用のVRゴーグル(ダンボール製)を購入し、「ハコスコ」というアプリをダウンロードして体験してみたところ、酔うこともなかったので「たぶん、大丈夫だろう」ということで、普通科プレミアムコースを選択しました。

ITスキルが必要

ただ、やっぱりITスキル必要だな〜と感じました。
N高等学校はGoogleが提供する、G Suite for Educationで、メールの送受信、データの共有を行う。
Google ドキュメント(Wordのような文書作成webアプリ)
・ Google スプレッドシート(Excelのような表計算webアプリ)
・Googleドライブ
・Googleスライド(PowerPointのようなプレゼン資料を作成できるwebアプリ)
など無料でwebアプリを使うことができる。

さらに
・Slack(LINEみたいなもの)でのやりとり。
zoomでのオンライン会議。
こういったアプリを使って、先生とのやり取りやワークショップ(自由参加)などをやっていくので、使えるようになると、N高等学校のコンテンツを十分に楽しめると思います。

最低限、メールのやり取りとSlack、zoomができれば問題ないです。丁寧な使用方法の冊子が届くので、あまり身構えずに、子どもと一緒にやってみるといいと思います。

ただ、親もそれなりのITスキルがあると、より良いと思います。まあでも出願方法がWeb出願しかないので、これができれば大丈夫な気がします。あとは子どもの方が得意かも。

親子で挑戦!

何事も挑戦してみることが大切です。一緒に挑戦できるといいなと思います。その中で、教えたり教えてもらったりすることで、コミュニケーションをとるための話題もできます。

最近はもっぱら、メールの確認です。親と子どもと同じメールがそれぞれに届くので、その内容を確認したり、保護者ページを見て、学習の進捗状況を共有したり、普通の高校だと、毎日、担任の先生が確認するようなことを、私がやったりするわけです。大変だけど、昼休みに電話したり、帰宅後、確認したりで、そんなに時間はかかりません。むしろこのことがきっかけで、息子の状況が良くわかるし、できることできないこともよくわかるようになります。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる